善玉菌が増えるとどんな状態になるの?

善玉菌が増えるとどんな状態になるの?

腸内には善玉菌と悪玉菌、そしてどちらかが優勢になるとその菌と同じ働きをする日和見菌が存在しています。

 

ですので、腸内環境というのは善玉菌か悪玉菌、それらどちらが優勢になるかということで決まります。

 

腸内の環境を良好にするには、名前から分かる通り善玉菌を優勢にする必要があります。

 

善玉菌というのは、腸内を酸性に保つ役割を持っています。

 

悪玉菌はアルカリ性の環境で繁殖する性質を持ち、酸性の状態に弱いので、善玉菌が優勢だと悪玉菌の増殖を抑えることができます。

 

また、酸性に保つことで免疫力を高めて病原菌などのウイルスの侵入を防いでくれるので、病気になりにくい体を作り上げてくれるのです。

 

さらに、食べたものの消化吸収活動を促進する働きを持っているので、腸の蠕動運動を活発にしてくれます。

 

蠕動運動が活性化されると、便がスムーズに肛門に運ばれて排出されますから、便秘の解消にもつながります。

 

もともと便秘の状態になるということは、悪玉菌の方が優勢になっているということです。

 

ですので、便秘の解消法はいろいろありますが、一つの方法として善玉菌を優勢にするというのも便秘に改善に高い効果があります。

 

代表的な善玉菌を挙げると、乳酸菌やビフィズス菌などがありますが、これらの菌を増やすことが善玉菌を優勢にして便秘の解消になるのですね。

 

乳酸菌やビフィズス菌は、乳製品や発酵食品などから摂ることができますし、オリゴ糖はビフィズス菌の餌となるので、毎日の食生活の中に取り入れて腸内の善玉菌が優勢になるようにしていきましょう。