腸内環境を改善してくれる食べ物にはどんなものがある?

腸内環境を改善してくれる食べ物にはどんなものがある?

腸内環境を改善するためには、まずは善玉菌を優勢にする必要があります。

 

善玉菌というのは、生まれたときが一番多く、加齢とともに減少し、さらに食生活の環境によっても減少してしまいます。

 

ですので、食べ物などからきちんと取り入れないと、必然的に悪玉菌が優勢になってしまうので、善玉菌を増やせる食べ物を積極的に取り入れましょう。

 

善玉菌を増やす食べ物は、大きく分けると乳酸菌を含むもの、食物繊維を含むものなどが挙げられます。

 

こういった食べ物は、腸内の善玉菌を増やして優勢にし、腸内環境を改善するという効果が期待できます。

 

乳酸菌を含む食べ物といえば、ヨーグルトやチーズなどの乳製品が有名ですが、他に発酵食品にもたっぷり含まれています。

 

納豆やキムチ、味噌、漬物などは生きた乳酸菌が豊富なので、毎日の食事に取り入れてください。

 

そして食物繊維は、腸内細菌によって分解されることで有機酸を生成し、腸内を酸性に傾ける働きをしてくれます。

 

腸内が酸性になると悪玉菌が増殖できなくなり、善玉菌は活発に働くことが出来るので、結果的に善玉菌が優勢になり腸内環境を改善してくれます。

 

食物繊維といえば、ごぼうやこんにゃくなどが思い浮かびますが、海藻類にも豊富に含まれています。

 

わかめやひじきなどの海藻類は手軽に調理出来るので、食事の副菜として取り入れやすいでしょう。

 

また、大豆や切干大根、アボカドや枝豆などにも食物繊維が含まれているので、お味噌汁やサラダなどにすれば、たっぷりと摂ることが出来るのでオススメです。