便秘に効果的なオリゴ糖の食べ方はある?

便秘に効果的なオリゴ糖の食べ方はある?

オリゴ糖はビフィズス菌の餌となるので、腸内で善玉菌を増加させる働きをしてくれます。

 

また、腸に達して分解されると、有機酸が発生するので腸内が酸性に傾いて刺激を受け、蠕動運動を活性化してくれます。

 

腸内が酸性に傾くと、悪玉菌の増殖が抑制されるため、善玉菌が増殖出来る環境になるので、オリゴ糖は便秘解消にとても効果的なのですね。

 

最近は、オリゴ糖の商品も増えて、甘味料として料理に使ったり、飲み物の混ぜて手軽の摂ることが出来るようになりました。

 

ですが、便秘を改善するためにオリゴ糖を摂るのであれば、やっぱりヨーグルトに混ぜて食べるのが一番効果的です。

 

ヨーグルトにもいろいろな種類がありますが、便秘解消には、生きて腸まで届く善玉菌が含まれているものを選びましょう。

 

ヨーグルトに含まれる一般的なビフィズス菌は、残念ながら胃酸などで死滅してしまうため、腸に届いても善玉菌の餌にしかなりません。

 

もちろん無意味ではないのですが、善玉菌を取り入れて、さらにオリゴ糖が餌となり善玉菌を増殖させるのが便秘には効果があります。

 

ですので、ヨーグルトとオリゴ糖を組み合わせるだけではなく、ヨーグルトに含まれる善玉菌の種類にも気をつけましょう。

 

また、もう一つオススメなのがバナナです。

 

バナナには、もとから豊富な食物繊維とオリゴ糖が含まれているので、ヨーグルトとオリゴ糖、そしてバナナを組み合わせて食べると、より高い便秘解消効果が期待できます。

 

ブレンダーなどでシェイクすれば、美味しくて手軽に摂れるバナナヨーグルトシェイクになるので、飲み物としてもオススメです。