悪玉菌が増えるとどんな状態になるの?

悪玉菌が増えるとどんな状態になるの?

便秘になると、お腹が張る、食欲が減退する、太る、肌荒れが起こるというような漠然とした悪いイメージしかないのではないでしょうか。

 

確かに便秘はこれらの症状を引き起こす原因となりますが、そもそも便秘というのは腸内の悪玉菌が優勢になっている状態です。

 

悪玉菌が増えると便秘になるだけではなく、有害物質が生成されるという症状も起こるのです。

 

悪玉菌が優勢になると、便の排出が滞ってしまうために便が長期間腸内に留まります。

 

便というのは生の食べ物と同じで、排出しないと腐っていきます。

 

人間の体温は平均36度ぐらいですが、便がずっとその中にあるということは、真夏の暑い部屋の中に生ものを置いておくのと同じことなのです。

 

便が腐ると、発ガン性物質や毒素などの有害物質が作り出されるため、便やおならが臭くなりますし、有害物質は血液に取り込まれて体内を巡ります。

 

すると、内蔵器官や皮膚などに悪影響を与えて、生活習慣病や肌荒れなどを引き起こすのですね。

 

また、腸は体の中でも一番大きい免疫器官になるため、悪玉菌が増えて環境が悪化すると免疫力が低下して体の抵抗力も弱まってしまいます。

 

そのため細菌やウイルスなどに感染しやすくなったり、病気にかかりやすくなったりします。

 

さらに悪玉菌は便の状態も悪化させてしまうので、便秘や下痢を引き起こす要因となってしまい、老廃物など排出しなくてはいけない物を正常に排出できなくなります。

 

だからこそ、普通の体の時はもちろん、特に妊娠中の便秘は速やかに解消する必要があるのです。