妊娠中のマグラックス錠

産婦人科で処方されたマグラックス錠、飲むべきか飲まざるべきか

多くの妊婦さんの悩みのひとつである便秘。

 

妊娠すると、つわりや好みの変化によって栄養のバランスが崩れたり、子宮がどんどん大きくなるために腸管が圧迫されたり、黄体ホルモンが分泌されるため、腸内の水分吸収が活発になり、水分が吸収されて便が固くなるために便秘になりやすくなってしまいます。

 

そんなつらい便秘、妊婦さんの便秘には、病院でマグラックス錠を処方されることが多いかと思います。

 

マグラックス錠は、主成分の酸化マグネシウムが、便を軟らかくして排便を促すという薬です。

 

効果はやや弱いため、習慣性がなく、長期の服用にも向いているため、妊娠をされている方でも飲むことができます。

 

しかし、いくら産婦人科で処方されたとはいえ、妊娠中に薬を飲むことには抵抗がありますし、本当にお腹の赤ちゃんに影響がないの?っと考えてしまいますよね。

 

そうは言っても便秘になると、肌荒れやガスがたまってお腹が張りやすくなったり、痔になりやすくなったりと苦しい状態が続きストレスも溜まるなど、何もいいことはないので早めに解消することが必要です。

 

症状が軽い場合は、食生活や運動など生活習慣を見直すことである程度改善することができますが、便秘の解消には、腸内環境を改善することが早道になります。

スッキリを実感!オリゴ糖で腸内環境を改善して便秘解消

よく耳にする腸内環境という言葉。

 

では、一体どうすれば腸内環境が改善するのでしょうか?

 

腸内環境は、腸内細菌である善玉菌と悪玉菌のバランスで決まり、善玉菌には腸管運動を促進したり免疫力を高める効果があります。

 

腸内環境を改善して便秘を解消するには、ヨーグルトや納豆などの発酵食品を摂って善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌を増やし、腸の運動を促進させることが必要になってきます。

 

しかし、体外から摂取した乳酸菌やビフィズス菌の大半は、腸に到着する前に胃酸や胆汁酸によって死んでしまい、大腸まで届かないため、便秘をすっきり解消するためには生きたまま腸に届ける必要があります。

 

では何を食べればいいのでしょうか?

 

それは、善玉菌のエサになるオリゴ糖です。

 

胃などで消化されずに腸にまで達したオリゴ糖が腸内に存在している善玉菌のビフィズス菌のエサになることで、ビフィズス菌が増え、腸が刺激されて活発に動き出し、便秘が解消されます。

便秘解消には【カイテキオリゴ】純度ほぼ100%の高品質なオリゴ糖

オリゴ糖と言っても、どれでも同じという訳ではなく、スーパーなどで売っている液体のものは、オリゴ糖の配合量が少ないため、甘味料としての役割がメインで便秘解消の目的ではおすすめではありません。

 

その点、【カイテキオリゴ】は、北海道産のてん菜から天然抽出したオリゴ糖を配合した純度ほぼ100%の高品質なオリゴ糖なので、便秘解消にかなり期待ができます。

 

全額返金保証も付いているので、気軽に始めることができますね。

 

そんな【カイテキオリゴ】、ヨーグルトに混ぜて食べるのがおすすめですが、このヨーグルトも生きて腸まで届くタイプのものを選びましょう。

 

その際に気をつけたいのは、食事の最後に食べること。
善玉菌が胃酸で死滅しないように、胃酸を薄めてから食べましょう。

 

せっかく病院で処方されたマグラックス錠ですが、できれば自然に出したいもの。

 

水分補給やヨガなどの運動も取り入れながら、オリゴ糖で腸内環境を改善して便秘を解消しましょう。